野いちごの会について


野いちごの会は、自然と遊ぶ子育ての会です。 乳児、未就園の幼児とその親が集まり、 お山に散歩に行ったり、海辺で遊んだり、庭でパンを焼いたり、子供たちはのびのびと遊び、親は子どもの姿を見ながら学びます。

特別な教育などはしません。強制的な遊びもありません。 ここで大切にしているのは子供たちに安心で安全な環境を整えることと、 子供たち自身の自主性や創造力を見守ることです。 そして、それができるように大人は子どもの成長を知り、 子供にとって本当に大事なことは何かを学んでいきます。

野いちごの会 入会のご案内


対  象:   0〜2歳児  (定員8組)
日  時:   火・木曜日 9:30〜13:00  (お昼はおにぎり持参で、皆で野菜スープを作ります)
場  所:   賢治の学校ふくおか “そらの家” (宮司浜3-6-26)
入会金:   1,000円
月  謝:   3,000円
*野いちごの会に参加される方は、NPO法人賢治の学校ふくおかの正会員、または通信会員になっていただきます。正会員は年会費6,000円、通信会員は3,000円が別途必要になります。

◎体験できます。(参加費1,000円) 参加ご希望の方は、賢治の学校ふくおか事務局までお問い合わせください。
  連絡先はこちら   


野いちごの会で大切にしていること

 

  1. からだと感覚を育てる。 リズムを大切に過ごす。自然の中で遊び、身に付けるものやおもちゃは自然の素材のものを。紙おむつはなるべく使わない。 不必要な刺激(音、光、電子音、文字、映像など)はできるだけ避け、生の歌声や手あそびなどを大切にする。
  2. 強制しない、競争させない(だれが一番かな〜)、おどさない(〜しないと〜できないよ)、ほめすぎない(〜ちゃん、すっごーい)
  3. 大人はだまって動く、働く、遊ぶ。 7歳までの子供は大人の模倣で育つ。言葉で説明しても、本当には伝わらない。
  4. 子供を小さな大人にしない。 子供に判断させない。子供が「楽しめること」ではなく「必要なこと」を大人が判断して行う。ダメと言わなくていい環境をつくりながら、してはいけないことは毅然とした態度で子供に伝える。
  5. 自分の子供だけでなく、皆で子供を見守る。 子供から大いに学びましょう。
TOPへ